不動産会社で物件を探そう|新しい場所に住む

レディ

売却のしくみ

粘土の模型

媒介契約と買取

中古マンションなどの不動産売却は、買ってくれる相手がいて成立します。不動産は大きな買い物なので、個人で買ってくれる相手を探すのは大変です。そのため、通常は仲介業者に依頼して、良い売却先を探してもらうことになります。不動産売却をするために仲介業者と結ぶ契約を媒介契約と言います。ひばりヶ丘で中古マンションを売却するときにも、ひばりヶ丘の不動産を取り扱っている仲介業者と媒介契約をします。媒介契約をすれば、仲介業者が不不動産会社のサイトやひばりヶ丘の折り込みチラシなどに、中古マンションの広告を出します。価格交渉や売買契約などすべて面倒を見てくれるので、売り主は売れるのを待つだけです。媒介契約をしないで、不動産業者に直接中古マンションを「買取」してもらうこともできます。媒介契約をして売買契約がまとまると、仲介手数料がかかります。しかし、不動産業者に直接売れば、仲介手数料がかからないというメリットがあります。また、仲介業者と媒介契約をしても、売れるかどうかの保証はないです。しかし、業者への直接売却なら必ずすぐに売却できます。さらに売却情報が広告に掲載されることがないので、誰にも知られないで不動産を売却できます。しかし、買取の場合手数料はかかりませんが、媒介で売却した場合と比較すると、70%ぐらいの価格になります。買取はひばりヶ丘ですぐに中古マンションを売却して現金を手に入れたい人に向いています。